スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ【上級軸エヴォル】

どうもー。

季節の変わり目って、大抵体調を崩してます。風邪ってつらいですね。
新学期に入って、大学にも学生が増えました。ふっ・・・ゴールデンウィークが明けると脱落者が出始めるんですよね・・・。
そして講義の履修登録期間です。講義の履修登録ってめんどうなんですよねー。

さて。
今週末発売の遊戯王最新パックREDUの収録カードも明らかになりましたね。
《マドルチェ・プディンセス》がスーパーレアであろうことは予想していましたが、《魔導書士バテル》までスーパーレアとは・・・。マドルチェのために箱買いして、集まった魔導書でデッキを組んで遊ぼうと思っていましたのに。これはお金のかかるデッキになりましたね、魔導書。
能力相応のレアリティとは言っても《地霊神グランソイル》とか《銀嶺の巨神》とか《ギアギガントX》とかがスーパーレアなのはちょっと残念。地属性プッシュのパックなのに、複数必要なカードがスーパーレアでは集める気になれないです。まぁ、一番失敗なのは《魔導書士バテル》だと思いますけど。インゼクターと聖刻はデッキの基本パーツにはスーパーレアありませんでしたし。《聖刻龍王-アトゥムス》はスーパーレアですけど。
それでも私はマドルチェを組む予定だったりします。
ノーマル、レアあたりには面白いカードも何枚かあるので、それで遊びましょうかね。

本日のメインは【上級軸エヴォル】の紹介です。
《エヴォルカイザー・ラギア》はエクシーズ召喚不可能であるという完全なる上級軸です。

【上級軸エヴォル】
モンスター 18
 《エヴォルダー・エリアス》 3
 《エヴォルダー・テリアス》
 《エヴォルダー・ダルウィノス》 3
 《サイバー・ドラゴン》 3
 《Evoltile Najasho》 3
 《ジャンク・シンクロン 3
 《デブリ・ドラゴン》
 《クリッター》

魔法 19
 《多様進化》 3
 《強制進化》 3
 《エネミー・コントローラー》 3
 《ミニマム・ガッツ》 3
 《ブラック・ホール》
 《死者蘇生》
 《大嵐》
 《増援》
 《貪欲な壺》
 《月の書》
 《サイクロン》

罠 3
 《神の宣告》
 《激流葬》 2

エクストラ(必須)
 《エヴォルカイザー・ソルデ》 2
 《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》
 《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》
 《ジャンク・デストロイヤー》
 《A・O・J カタストル》


海外先行収録の《Evoltile Najasho》が必須なのは、仕方のないことなのです・・・。






なんといってもキーカードは海外先行収録の最優秀エヴォルである《Evoltile Najasho》


《-/Evoltile Najasho》
日本語訳
効果モンスター
星2/炎属性/爬虫類族/攻 100/守2000
フィールド上のこのカードがリリースされた場合、
自分のデッキから「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。


概説。
エヴォルといえば、爬虫類族のエヴォルド、恐竜族のエヴォルダー、ドラゴン族のエヴォルカイザーへと進化するデッキですが、起点となるエヴォルドには単純なアドバンテージが稼げるカードが少ないのが問題です。
日本で収録されていて比較的使いやすいエヴォルドには《エヴォルド・ウェストロ》というカードが存在します。このカードは《カオス・インフィニティ》とのコンボで【ランク4軸エヴォル】に向いています。
今回は、海外先行収録ではありますが、《Evoltile Najasho》を主軸としたデッキを構築しました。

基本的な動き。
基本は、《Evoltile Najasho》を《強制進化》でリリースすること。それぞれの効果で1枚ずつデッキからエヴォルダーを特殊召喚できるので、《エヴォルカイザー・ソルデ》の特殊召喚が容易です。《エヴォルカイザー・ソルデ》はランク6でも屈指の効果を持つカードなので、召喚に成功すれば戦局は大きく傾きます。ただし、《交響魔人マエストローク》には注意が必要です。

多様なリリースカードとNajashoの使い回し。
《Evoltile Najasho》をデッキの起点としていますが、このカードは《多様進化》によってサーチが可能です。このため、これをリリースできるカードを多めに搭載する必要があります。使いやすいカードとしては《エネミー・コントローラー》が挙げられます。防御にも使えますし、コントロールを奪取した相手モンスターと、呼び出したエヴォルダーでエクシーズ召喚も狙えます。《エヴォルダー・ダルウィノス》はモンスターのレベルを2つまで上昇させることができるので、《エネミー・コントローラー》から高ランクエクシーズも狙えます。もう1枚のリリースを要するカードに《ミニマム・ガッツ》。実はこのデッキの要だったりします。《Evoltile Najasho》をリリースして《ミニマム・ガッツ》を発動することで、デッキからエヴォルダーを呼び出せるため、戦闘破壊までの流れに消費が少ないのが特徴です。
多様なリリースカードに対して、《Evoltile Najasho》が不足しがちですので、これを使いまわせるカードとして《ジャンク・シンクロン》に注目。最悪の場合はそのままシンクロ召喚で《A・O・J カタストル》を出せばそれなりに活躍できます。狙いは、《Evoltile Najasho》をリリースした後の《ジャンク・シンクロン》とエヴォルダーによる展開です。この時に呼び出すのは《エヴォルダー・ダルウィノス》ですね。そのままシンクロすれば、《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》やら《ジャンク・デストロイヤー》やらが作れますし、《ジャンク・シンクロン》のレベルを1つ上げればランク5のエクシーズ召喚が狙えます。

狙うは一撃必殺。
このデッキ最強のギミックは、《ジャンク・シンクロン》+《ミニマムガッツ》です。《ジャンク・シンクロン》で《Evoltile Najasho》を特殊召喚し、それを《ミニマム・ガッツ》でリリース、デッキから《エヴォルダー・ダルウィノス》を特殊召喚して《ジャンク・シンクロン》のレベルを2つ上げ、《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》をエクシーズ召喚します。


《ミニマム・ガッツ》
通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体をリリースし、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで0になる。
このターン、選択したモンスターが戦闘によって破壊され相手の墓地へ送られた時、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/機械族/攻2400/守1500
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力と、その元々の攻撃力の差分のダメージを相手ライフに与え、
与えたダメージの数値分だけこのカードの攻撃力をアップする。


《ミニマム・ガッツ》で相手モンスターの攻撃力は0になっています。そのモンスターを対象に《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》の効果を発動すると、その元々の攻撃力分のダメージを与え、その分《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》の攻撃力が上昇します。さらに、《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》がそのモンスターを戦闘破壊すれば、戦闘ダメージの他に《ミニマム・ガッツ》により元々の攻撃力分のダメージが加算されます。計算すれば、相手の攻撃力1800以上のモンスターを的にすれば8000ポイント削りきることが可能となります。
墓地に《Evoltile Najasho》、相手の場に攻撃表示のモンスターがいて、戦闘破壊が条件となりますが、手札消費は《ジャンク・シンクロン》と《ミニマム・ガッツ》の2枚なので、奇襲性は抜群の一撃となります。

《サイバー・ドラゴン》??
まぁ、ぶっちゃけ、これはふらふらした枠です。この3枚は別のカードでも構いません。たとえば、《フォトン・スラッシャー》とか。《UFOタートル》とか《エヴォルド・ラゴスクス》とかで《Evoltile Najasho》のリクルートを狙ってもいいかもしれません。
今回《サイバー・ドラゴン》を採用したのは、2100の攻撃力がそれなりに役に立つことと、《ジャンク・シンクロン》と相性が良いことが理由です。《ジャンク・シンクロン》と《ミニマム・ガッツ》の流れは説明しましたが、《エネミー・コントローラー》と《強制進化》を使う際には、ただの蘇生カードとして使われるだけで、結果として《ジャンク・シンクロン》が攻撃表示で場に残ることが多くなります。これを、《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚と合わせると綺麗にペアが作れるようになる、というだけの仕事だったりします。
《ジャンク・シンクロン》+《サイバー・ドラゴン》+《強制進化》では、レベル8のシンクロとランク6のエクシーズが並びます。
《ジャンク・シンクロン》+《サイバー・ドラゴン》+《エネミー・コントローラー》では、コントロールを得る相手のモンスターによってパターンが色々とできますが、特殊召喚するエヴォルダーは《エヴォルダー・ダルウィノス》が良いでしょう。上手くレベルを合わせられれば、高ランクのエクシーズやシンクロモンスターを展開できます。

重要なのは《エヴォルダー・ダルウィノス》。
色々な展開の中間に《エヴォルダー・ダルウィノス》をはさみます。レベル上昇は「2まで」であり、自身に適用することも可能です。《エネミー・コントローラー》でレベル6モンスターのコントロールを得たならば、自身のレベルを1つ上昇させてランク6が狙えます。ランク5のエヴォルカイザーがいないことで「かわいそうな子」とされる唯一のレベル5エヴォルダーですが、実は融通が利く面白い子でもあります。

やっぱり《エヴォルカイザー・ソルデ》。
エヴォルデッキの意味って、なんでしょう。《エヴォルカイザー・ラギア》を狙うのでは、《レスキューラビット》1枚が簡単です。エヴォルデッキであれば、エヴォルデッキでしかできないことを目指すべきですね。このデッキでは《レスキューラビット》では出せない《エヴォルカイザー・ソルデ》を狙えます。例えば、ランク4軸のエヴォルデッキであるならば、「エヴォルドからエヴォルダーを展開し、エヴォルカイザーにつなげるアドバンテージを得る」というギミックを拡張するのがアイデンティティを保つコツと言えます。《エヴォルド・ウェストロ》+《カオス・インフィニティ》+《A・ジェネクス・バードマン》なんて結構面白かったですし、探せばまだまだあるでしょう。《エヴォルダー・ディプロドクス》+《進化の代償》とかを狙うのも面白いかもしれませんね。



そんなわけで、【上級軸エヴォル】とか言っておきながら実は《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》によるカウンター型の1ショットキルでした。
今週末は何としてでも《マドルチェ・プディンセス》と《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》を手に入れなければなりませんね。誰ですか、「マドルチェにプディンセスはいらない」とか言ったのは。むしろ「プディンセスがいればいい」んですよ。

ではではー。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

下級エヴォル参考にさせていただきました。

上級エヴォル面白そうですね。来日が待ちどうしい…でもまだまだ時間がかかるのが残念Orz

エヴォルカイザーも1体増えますし9月のエキストラパックが楽しみです。

カオス∞とバードマンのコンボが面白すぎます

Re: タイトルなし

>のののさん
初めまして。
ありがとうございます。
上級エヴォルはやや一発のコンボに依存する傾向が強いので、まだ安定していない気もするんですよね。また海外先行で手札交換をする星2のエヴォルドが出たらしいので、そのあたりも合わせれば安定するかもしれませんが。
下級エヴォルはカオスインフィニティとバードマンが集まった時の爆発力は結構すごいのでぜひ試してみてください。
こちらは毒蛇の供物と進化の分岐点もかませると、機皇帝も狙えたりします。分岐点はウェストロと相性がいいですし、破壊とセットは同時扱いらしいんですよね。供物はウェストロにチェーンすると奈落を心配しなくていいのがいいですよね。
バードマンとの相性でいえばオドケリスもなかなかですよね。進化の代償オドケリスバードマンでシンクロとかなかなかですよ。進化の代償は永続なので使い勝手は微妙ですけど、ウェストロを相手ターンにカオスインフィニティするとかで疑似フリーチェーン除去になったり。
プロフィール

nameless myst

Author:nameless myst
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。