スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ【サクリファイス】

どうもー。

折角ブログを移動したので、デッキの紹介でもしましょう。
私の一番は 【ラヴァル】 なんですけど、特に変わったことはしていないので、紹介する必要もないですよね。
《火霊術-「紅」》が好きで、炎属性主体のデッキで如何に《真炎の爆発》まで繋ぐか・・・というのが好きだったんですけど、もう火霊術なんて 【ラヴァル】 には入りませんね。環境の高速化って怖いですねー。

そんなわけで、私が「紅」よりも長く使い続けている 【サクリファイス】 でも。


【サクリファイス】
モンスター 22
 《サクリファイス》 3
 《カオス・ソルジャー-開闢の使者-》
 《ダーク・アームド・ドラゴン》
 《フォトン・スラッシャー》 3
 《マンジュ・ゴッド》 3
 《終末の騎士》 3
 《召喚僧サモンプリースト》 2
 《儀式魔人リリーサー》 3
 《エフェクト・ヴェーラー》 3
魔法 14
 《イリュージョンの儀式》 2
 《儀式の準備》 3
 《禁じられた聖杯》 3
 《死者蘇生》
 《大嵐》
 《月の書》
 《増援》
 《サイクロン》
 《ブラック・ホール》
罠 4
 《神の宣告》 
 《闇の幻影》 3

エクストラ (必須)
 《ダイガスタ・エメラル》
 《ラヴァルバル・チェイン》


以下解説

どんな時代でもほとんどのモンスターに対して後出しで無敵の性能を誇る《サクリファイス》を中心としたデッキです。


《サクリファイス/Relinquished》
儀式・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「イリュージョンの儀式」により降臨。
1ターンに1度、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに1体のみ装備する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターの
それぞれの数値になる。この効果でモンスターを装備している場合、
自分が受けた戦闘ダメージと同じダメージを相手ライフに与える。
また、このカードが戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカードの効果で
装備したモンスターを破壊する。


対象を取る効果に耐性を持つモンスターを除くほとんどの切り札を吸収できるモンスターです。
この「吸収」が強力で、「破壊」や「墓地に送る」よりも性能は上と言えます。
吸収するモンスターが強ければ強いほど、《サクリファイス》は強力になります。

また、戦闘に強い効果を内蔵しています。
吸収したモンスターを身代りに戦闘破壊を無効にし戦闘ダメージを相手にも与えるバーン効果を持つので、攻撃力の低いモンスターや裏側表示のモンスターを吸収した際には、《アマゾネスの剣士》の様な自爆特攻戦術に切り替えることも可能です。
攻撃表示のモンスターに自爆特攻した際には、装備モンスターが身代りになるので、その後メインフェイズ2で次のモンスターを吸収できます。
また、第7期のテキスト明文化で、相手守備モンスターに攻撃した場合にも反射ダメージ分のバーンの行うことが明らかになっているので、守備モンスターにも強いモンスターとなっています。

これだけの性能を持っていますが、儀式モンスターとしては星1と儀式召喚は比較的簡単です。星1であるため、シンクロモンスターに対して猛威を振るっている《ヴェルズ・オピオン》に強いです。

この《サクリファイス》の弱点は「2回の連続戦闘」と「戦闘以外の除去」です。
多くの場合、「2回の連続戦闘」には特殊召喚が必要となります。
儀式召喚した時点で《サクリファイス》は相手の攻撃力の高いモンスターを吸収、他にモンスターがいれば戦闘破壊を仕掛けます。相手の場にモンスターが3体以上いない場合、これで相手の場はモンスター0となり、返しのターンに《サクリファイス》を戦闘破壊するには特殊召喚が必要となります。(或いは、召喚権を追加するカード)
ここで、儀式のお供である《儀式魔人リリーサー》が仕事をします。
これをリリースして儀式召喚することで、相手のみ特殊召喚を行うことができなくなるため、「2回の連続攻撃」を止められます。また、除去能力を持つモンスターのほとんどは特殊召喚モンスターのため、《サクリファイス》が除去されにくくなります。

と言うわけで、このデッキの基本戦術は、《儀式魔人リリーサー》をリリースして《サクリファイス》を儀式召喚することとなります。

デッキの始動は、《召喚僧サモンプリースト》と《フォトン・スラッシャー》です。

①《儀式の準備》+《召喚僧サモンプリースト》+《イリュージョンの儀式》
 《召喚僧サモンプリースト》召喚→《イリュージョンの儀式》をコストにデッキから《終末の騎士》→《儀式魔人リリーサー》を墓地→《儀式の準備》でデッキから《サクリファイス》墓地から《イリュージョンの儀式》→《イリュージョンの儀式》で墓地の《儀式魔人リリーサー》を除外して《サクリファイス》儀式召喚→ランク4エクシーズ

②《儀式の準備》+《フォトン・スラッシャー》+《終末の騎士》
 《フォトン・スラッシャー》特殊召喚→《終末の騎士》召喚、効果で《儀式魔人リリーサー》を墓地→《ラヴァルバル・チェイン》エクシーズ召喚、効果でデッキから《イリュージョンの儀式》を墓地→《儀式の準備》

③儀式系1枚+《フォトン・スラッシャー》+《マンジュ・ゴッド》
 《フォトン・スラッシャー》→《マンジュ・ゴッド》召喚、効果で足りない儀式サーチ→《ラヴァルバル・チェイン》エクシーズ召喚、効果で《儀式魔人リリーサー》を墓地

などなど。
《儀式の準備》は墓地から《イリュージョンの儀式》を回収できるので、《サクリファイス》儀式召喚に際して、墓地に《イリュージョンの儀式》と《儀式魔人リリーサー》があると強い。そこで、《終末の騎士》と《ラヴァルバル・チェイン》で2枚を墓地に送れることに注目しました。

また、《儀式の準備》の弱点として、デッキに《サクリファイス》が残っていなければ発動できず、終盤に死札になることが挙がります。もちろん、高速化した環境では終盤なんてないわけですが・・・。
そんなときには《ダイガスタ・エメラル》。これで墓地のサクリファイスをデッキに戻せるので、《儀式の準備》が死札になることも減りました。

総じて、エクシーズモンスターによって強化されたデッキと言えます。シンクロ時代は《A・ジェネクス・バードマン》がお供でしたが、《マンジュ・ゴッド》が召喚権を要求するため、特殊召喚できるモンスターとのエクシーズ召喚の方が相性が良いと言えるでしょう。今後は、《フォトン・スラッシャー》と《終末の騎士》から《H-C エクスカリバー》が作れたり、《フォトン・スラッシャー》と《マンジュ・ゴッド》から《セイクリッド・オメガ》が作れたりと、打点不足も解消されていくような気がします。

《儀式魔人リリーサー》をリリースした《サクリファイス》が完成したら、あとはこれを守らなければなりません。
特に天敵となるのは、通常召喚から場を荒らすことが容易な【甲虫装機】です。これに対抗するため、《エフェクト・ヴェーラー》と《禁じられた聖杯》をフル投入しています。まぁ、別に大会に出るわけでもないのですけど。
また、《儀式魔人リリーサー》との関係を切られる《月の書》なんかも苦手で、対象を取るカードに強い《闇の幻影》でカバーしました。ここは《禁じられた聖槍》でもいいかもしれませんね。

その他にも、《サイクロン》や《大嵐》も苦手としていますが、このあたりは割り切った方がいいですよね。環境は高速化していますので、序盤に相手の切り札が出現する傾向にありますから、《サクリファイス》を万能単体除去くらいに見て、エクシーズで攻めるのが良いかも。それでもまぁ、《儀式魔人リリーサー》で詰むデッキは少なくありませんね。



以上、【サクリファイス】のデッキ紹介でしたー。しかし、もう最近は全く見かけなくなりましたね。儀式の流行は【リチュア】なんでしょうか。スペックではまだまだ負けていないので頑張ってほしいところ。



さて、結構書きましたね、私。楽天ブログだと字数制限が厳しいのでこんなに書けないんですよね。
とか言って、FC2でも字数制限に引っかかってたら笑います。

次のデッキ更新は何にしましょうかねー。ちょっと面白いのだと、【ランク5-6軸エヴォル】と【爆風ロケット】、【炎アンデット】あたりかな。【エヴォル】はマシュ=マックでカウンター気味に1killできる力を手に入れたんですよね。

ではでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

通りすがり失礼します。
面白いデッキとギミックですね。ちょうどサクリファイスデッキを作ろうとしていたので大変参考になりました!

Re: No title

>ゆくりさん
初めまして。
ありがとうございます。
ラヴァルバル・チェインとダイガスタ・エメラルは墓地利用型のいろんなデッキに新しい可能性を与えた面白いカードですよね。
サクリファイスのスペックは最近のカード軍と比べて遜色ないのでまだまだ頑張れると思っています。連鎖除外には十分気を付けてくださいね。
プロフィール

nameless myst

Author:nameless myst
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。