スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「得をするデュエル」「損をしないデュエル」

どうもー。

今日は一日ゆっくり休みました。
そんなわけで、今日も更新。昨日今日と頑張っている。

今日はタイトル通りで、デュエルの方針と汎用カードの攻めと守りの性質について。

まぁ、《サイクロン》と《エフェクト・ヴェーラー》は3枚積んで間違いないだろうという話だったり。







「得をするデュエル」と「損をしないデュエル」

デッキの基本方針として、どちらにウェイトを置くかは人それぞれかと思います。
フリープレイ用の一風変わったデッキを組むことが楽しい方々は、どちらかというと「得をするデュエル」路線の傾向が強いと思われます。もの凄いアドバンテージが稼げる面白コンボとか、フリー受けは良いですよね。
一方、大会プレイヤーの方々は「損をしないデュエル」が多いのだと思います。勿論、アドバンテージを獲得するギミックは用意していますが、少ない消費でちょっとしたアドバンテージを稼ぎながら、残りの手札でそれをサポートするデッキ構築となります。
あまり勝ちにこだわらないフリープレイヤーの方々も、自分のギミックを守る方法を大会プレイヤーから学ぶことは有用ではないでしょうか。

というわけで、最近の大会で採用率の高い汎用カードについて、独断と偏見で考察してみます。
まず、「得をするためのカード」と「損をしないためのカード」に分けてみましょう。

「得をするためのカード」
《ブラック・ホール》
《大嵐》
《激流葬》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《奈落の落とし穴》
《強制脱出装置》
《神の宣告》
《神の警告》

「損をしないためのカード」
《エフェクト・ヴェーラー》
《サイクロン》
《ナイト・ショット》
《月の書》
《サンダー・ブレイク》

なんとなくお分かりいただけたと思います。一応、除去カードは「損をしないためのカード」としての側面も持っています。特にほとんどのカードを無効化できる《神の宣告》はどちらとしても機能するので非常に強力と言えます。
さて、何が言いたいのかというと、「得をするためのカード」というのは「1枚以上のアドバンテージを得る」ためのカードなのです。《激流葬》や《大嵐》は2枚以上のカードを破壊するので分かりやすいと思います。《奈落の落とし穴》や《強制脱出装置》は1:1交換なので大きなアドバンテージは稼げないように思われることがありますが、多くの場合では「相手が2枚以上の消費をして出したカード」に対して発動するので、結果として1枚以上のアドバンテージとなるわけです。シンクロやエクシーズが分かりやすいですね。
それに対して、「損をしないためのカード」というのは「1枚以上のディスアドバンテージの発生を防ぐ」ためのカードです。例えば《サイクロン》や《ナイト・ショット》等はチェーン発動しない限り1:1交換カードで基本的に得をしないわけですが、相手の伏せカードを除去するという視点で見れば除去対象は《激流葬》やら《奈落の落とし穴》などになるわけです。《激流葬》等は先ほど説明した通り、1枚で2枚以上のアドバンテージを獲得し得るカードですから、これを相手に回すと1枚に2枚以上破壊されるカードと言えますね。自分が2枚以上手札を消費してモンスターを展開したところに《激流葬》を受けると、相手の損失1枚に対して自分の損失2枚以上となりアドバンテージ面で負けてしまいます。先に《サイクロン》で《激流葬》を除去してから展開する場合、自分が受けるはずだったディスアドバンテージを打消し、「《サイクロン》で《激流葬》を破壊した」という真の1:1交換が生じます。この時、この《サイクロン》は1:1交換をしたうえで、発生する可能性のあった自分の受けるディスアドバンテージを打ち消したこととなりますね。これが「損をしないためのカード」です。
《サイクロン》とは違って、《エフェクト・ヴェーラー》と《月の書》は自分が一方的に1枚の損失を負います。しかし、実際に自分が得をしないからと言って弱いとは言えません。実は、見かけ上得をしないだけであって、損失を抑えるという面では1枚以上の得をしていると言えます。例えば、《甲虫装機 ダンセル》が相手の場に現れたとします。恐らく次に相手は《甲虫装機 ダンセル》の効果で《甲虫装機 ホーネット》を装備し、こちらのカードを破壊してきます。甲虫装機を相手にすればわかると思いますが、この後《甲虫装機 センチピート》が現れて、さらにこちらのカードが破壊されます。相手はその流れの中でデッキからの特殊召喚やデッキからのカードサーチなどで大きなアドバンテージを得ます。このように、「放っておいたら何枚アドバンテージの差をつけられるか分からない」カードに対して、《エフェクト・ヴェーラー》1枚で自分が受けるはずだった多大な損失を抑えることができると考えれば、どれだけ強力なカードであるか分かると思います。
大会ではフリーチェーンカードとして《サンダー・ブレイク》もなかなかの人気がありますね。これも同じような考え方で、《エフェクト・ヴェーラー》よりも1枚消費が増えて、その代わり対象を破壊できるようになったという見方ができます。もちろん、カバーできる範囲が誘発効果までカバーできるか起動効果だけなのかでやや性能は変わりますが。
また、《神の宣告》、《神の警告》も自分に対して複数枚のディスアドバンテージを負わせるモンスターを排除できるので、「損をしないためのカード」としても機能しますね。
ただし、「損をしないためのカード」の中でも《エフェクト・ヴェーラー》は手札発動なので相手の妨害を受けにくい分、守りの性能はかなり高いと言えます。

今回は「得をするデュエル」と「損をしないデュエル」の2つに分けましたが、実際には「得をさせないデュエル」や「損をさせるデュエル」もありますので、いろいろな視点からカードについて考えるのは良いことでしょう。

ところで、《エフェクト・ヴェーラー》と《サイクロン》は何故3枚ずつ投入されるのでしょうか?
「守るカードと言っても、そんなにいらない」と思うかもしれませんが、残念なことに今の環境ではこれらは3枚投入がほぼ必須と言えます。
相手がモンスターを召喚するときや自分が展開するときに、必ず手札に来てほしいカードであるためです。まぁ、デッキによっては《サイクロン》の枚数は減る可能性があります。しかし、《エフェクト・ヴェーラー》は自分が次元系のデッキであったり、姫軸のマドルチェであったりしない限りは3枚投入が望ましいです。自分の罠カードは大抵相手の《サイクロン》等の妨害を受けますし、今の環境では序盤から致命傷になりうるアドバンテージを獲得してくるモンスターが相手の場に現れます。身を守るためには、初手に《エフェクト・ヴェーラー》等の良い妨害札を引き込む必要があるのです。
慣れないうちは自分だけ《エフェクト・ヴェーラー》1枚の損失を負うことに抵抗があるかもしれませんが、そのターン受ける大きなディスアドバンテージをその1枚がすべて引き受けてくれると考えると、強いお守りだと分かります。
さらに、今の環境で《エフェクト・ヴェーラー》は序盤から手札に欲しいカードであり、いつ引いても邪魔にならないカードですので、2枚などと中途半端な投入をする意味がなく、入れるなら3枚となってしまいます。

まぁ、《エフェクト・ヴェーラー》はちょっと高いんですけどね!
今回挙げたカードのほとんどはストラクチャーデッキなどで再三再録されているのでカードプールに余裕のあるカードですが、《エフェクト・ヴェーラー》は必須のわりにモンスターなのでストラクチャーデッキに収録されにくい欠点が大きいですね。ストラクチャーデッキは魔法や罠はよく再録しますが、モンスターは基本的にテーマや種族が合わないと再録されないんですよね。こういう必須モンスターはスターターデッキにでも入れてくれると初心者が助かると思うのですが。



フリープレイヤーの方々にはよく「大会用じゃないから」と守りの薄いデッキを作る方が見られます。まぁ、私もその1人なんですが。
しかし、最低限自分を守るためのカードは何枚か採用した方が良いと思います。
アドバンテージ獲得に自信があるギミックを搭載していて、デッキスペースに余裕がない場合は、《激流葬》や《ブラック・ホール》、《奈落の落とし穴》などを適当に絞って、《サイクロン》や《エフェクト・ヴェーラー》、《神の宣告》のスペースをあけてはいかがでしょうか。
ネタデッキや創作的なデッキを使うとき、「相手の妨害が無ければ……」とか「相手に1ショットキルされなければ……」ということはよくあると思いますが、そんなとき、自分の損失を抑えるカードを搭載しておいて、やりたいことはやって見せるというのは結構面白いと思います。

まぁ、デッキによりますけどね。
創作的なデッキを作るとき、空いたスペースに汎用除去を詰め込むのでももちろん地力は上がりますが、自分のギミックを通すために損失を抑えるカードを入れてみるのも悪くないと思います。




最後に。
話はちょっと変わるんですけど。
次のデュエリストパック・カイト編の《クリフォトン》は遊星編の《エフェクト・ヴェーラー》枠になるかもしれませんね。
最近は特殊召喚メタも潜り抜ける《速攻のかかし》が注目されていますが、《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》に対しても有効な《クリフォトン》は結構強いと思うんですよね。ライフ2000の損失はそれほど大したものではないことは《神の警告》が証明していますし。もちろん《威嚇する咆哮》というのもありますので、モンスターという方向で差別化する必要はありますが。それでも光属性なので《速攻のかかし》よりも墓地に送られてからは強いような。
でも、遊星編ほど他のカードがダメじゃないので、カイト編自体が売れれば流通量も多くなるので、値段も抑えられるかもしれませんけどね。とりあえず、3枚集めておいて損しないんじゃないかなと思っていたり。



ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nameless myst

Author:nameless myst
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。